www.ugnews.info

November 9, 2015

数年後に読み返す時用メモ:会社でだめでした。

金曜。後輩に酒飲みましょう〜と誘われ、いつも「だるい」とか「用事あるから(ない)」などと断っていたけどさすがに断りすぎでかわいそうだなと思い、めずらしく誘いに乗り職場近くで酒。後輩、すごい力ある人というか、明らかにおれなんかより14564321倍あるのだが、その能力を会社に買われてその年だと考えられない仕事したりしてて、ちょっと色々使われすぎててちょう会社に不満があるみたいな口調で喋りまくっていてカッコよかった。自分の力に対して対価が伴っていないと言えるところがすごい。おれは仕事ができないおじさんなので、不満なんて一切ない。むしろおれなんか雇ってくれてありがとミャンとか本気で思っていて、さらにまだまだ給与に見合った働きをしているかどうかなんてこと、をアラサ〜なのにまじで考えている。だから、給料が安いとか待遇がどうとかそういうことが言えない。おそらくこの先も言えない気がする。なので、対して酒が入っているわけでもなくシラフな状態であれこれ言う後輩に大したことも言えずになんというかうんぐらさんは本当にダメですね…。

土曜なにしていたか完全に忘れた…。夢にちーぼうが出てきたのでLINEを交換した!ちーぼうとLINEを!?あとはねーこないだ修理に出していた時計もどってきた!とかそのぐらいか。あ、夜はカズオんちでマッドマックス(怒りのデスロード)みた。この映画は映画館で4回観た。だからそれがお茶の間で観れるとなると文字通り"最高"でありワクワクしていたのだが………なんか家でみるとショボいですね…。理由は音響というか音の迫力が明らかにかけていることにあって、それだけでいつもテレビで観ているような洋画と変わらないものになる。今まで画質はともかく音でそれほど意識していなかったのでこれにはびっくり。うるさければいいという話ではなくて、そのうるささがシンクロしているかどうかの話なんだけど、映画館でマッドマックスおもしろい!!!!って思って友達と一緒に家でBlu-rayでみたらあなたほどはハマらないというか…はじめて映画館で映画みるのって家でDVDとか観るのと全然違うなと気づいた。もちろん家は家でしゃべりながら「この子よくみるとめっちゃかわいくない!?」なんて言いながら観れるのでいわゆる団らんぽさが出るのでこれはこれで面白いのだけどね。ああ書いてて思い出したけど2カ月ぶりに美容院で髪きッた。

日曜、起きたら雨降ってたのでブラブラと紅葉みにいく気がなくなる。図書館で借りた料理本を3冊ぐらい読んでダラダラ過ごす。お金ないので外に出るのがだるいのだけどこれめっちゃ勿体ないよなあ。バイトする前の大学生のとき、「金を使わずどれだけ楽しく過ごせるかに挑戦したい」とかこの日記に絶対5回ぐらい書いているハズなのだけどそんなことねえよなあ金ある方がいいよやっぱり。どこか出かけることは家にいる以上に記憶に残りやすくて、たとえばそこで普段きかないような曲や本を読めばそれだけで生涯の記憶として残る。そういうのがあるじゃないですか、その曲聴くとその年齢その時間その場所を思い出すみたいなやつをよ。おれはSilencerの「Death - Pierce Me」聴くと今でも明日明後日明々後日死ぬゾ〜と思いながら晴海の職場帰るときのことを思い出すよブハはははh2wql:。話がズレました。夜は中野の肉屋まで行く。ブロードウェイ下の商店街は安くてうまそうなのが買えるので重宝するのだ。ちょうど前日、カズオに教えたんだよ。でさ肉屋で肉みてたらカズオも買い物にきていた!!!あはは笑った。何かひとに勧めたことは何度もあるけどこうして翌日いきなりブチかますひとははじめただ。すごくクールなことだと思う。

それはさておき夜は牛スジを煮て煮込みを作る。5年前にモツ煮込み作ったときよりスケールはアレだけど、今回もそれなりにうまい。牛スジはもちろん下処理し、しょうゆと酒、砂糖に味噌とあと余ってた黒霧島いれた煮込んだ。ちょっと味が濃かったので反省。