www.ugnews.info

February 25, 2015

ãƒģ昨æ—Ĩは23時ぐらいãĢãĄã‚‡ãŖと1時間ぐらい寝ようと思ãŖãĻそぎぞぞ朝ぞで寝ãĻしぞãŖた。ãĒんで寝ãĻしぞãŖたんだろうとたくさん寝たぎãĢ垌悔した。昨æ—Ĩは書かãĒくãĻよかãŖた。わりとイナイナしãĻいたæ—ĨだãŖたぎで、書けばč‡Ē分ãĒりãĢおもしろいåŊĸで書けるところであるがヘãƒŗãĢ力をäŊŋうぎでたãļんį–˛ã‚ŒãĻしぞうだろう。寝ãĻよかãŖたぎかもãĒ。

つうかäģŠæ—ĨもそんãĒ書くことãĒいよ。įĩĻ料æ—ĨだãŖたが、äģŠæœˆã‹ã‚‰č˛ĄåŊĸč˛¯č“„ãŒã¯ã˜ãžã‚‹ãŽã§ãƒŗ円åŧ•ã‹ã‚ŒãĻぎ手取りãĒぎでこれはãĒかãĒかつらいãĒと思ãŖた。ただéĸį™Ŋいぎが、č‡Ēį„ļãĢããŽéĄã§ã‚„ãŖãĻã„ãã‹ã¨ã„ã†æ°—æŒãĄãĢãĒãŖãĻいたところだ。へãƒŧã“ãŽéĄã‹â†’ã‚ã‚“ãžéŖ˛ãŋãĢいくとつらいãĒ→じゃあåŽļでéŖ˛ã‚€ã‚ˆã†ãĢしよう→たぎしくネ、ãŋたいãĒ感じで頭が働いた。そんãĒįŠļæŗä¸‹ãĢおかれるとäŋēãŋたいãĒäēēé–“ã§ã‚‚č€ƒãˆã‚‹åŋ…čĻæ€§ãŒå‡ēãĻãã‚‹ãŽã§ã“ã‚Œã§č‰¯ã‹ãŖたぎかもãĒ、と思う。

äģŠæ—ĨもわりとしãŖかり働いたãģã†ã ã¨æ€ã†ã€‚ãĄã‚‡ãŖとåŽĸãĢčŋˇæƒ‘かけãĻいるįŠļæŗãĒぎだが、こぎįŠļæŗã¯é•ˇã„į›Žã§ãŋるとã‚Ļã‚Ŗ〜ãƒŗã‚Ļã‚Ŗ〜ãƒŗãĢãĒるぎでäģŠã¯é ‘åŧĩらãĒくãĻはいけãĒいし、čŋˇæƒ‘かけãĻいかãĒければいけãĒい。少しずつč§ŖæąēしãĻいãŖãĻいるぎはたしかで、それを原感しãĻいるぎで最čŋ‘けãŖこうæĨŊしいよäŋē。でも帰る間際ãĢ上司ãĢあãƒŧだこãƒŧã č¨€ã‚ã‚ŒãŸãŽã§æœŦ気でミãƒŖã‚ĒしãĻやろうかと思ãŖたねäŋēは。æ­ŖしいįĢ‹å ´ãĢいるäēēがæ­Ŗしい意čĻ‹ã‚’č¨€ã†ãŽã¯æ­Ŗしいことではįĩļ寞ãĒいと思うがそこはį¤žäŧšãŽé›ŖしさãĒんだろうãĒ、ぞあいいãŖすäŋēはäŋēãĒぎで。フã‚ĸīŊ‡ãƒãƒãƒã‚ĸハハīŊˆīŊ‹īŊˆīŊ†īŊˆīŊ“īŊ„īŊ†īŊˆīŊ‹īŊ„ãƒ•ã‚ĄīŊ“ã‚ĸīŊˆãƒƒãƒãƒãƒã‚ĸã‚ĸã‚ĸ。

夜はį—…é™ĸいãŖた。æ‚Ŗ部はかãĒりいいčĒŋ子、らしい。土曜æ—ĨぞたæĨãĻãŖãĻč¨€ã‚ã‚ŒãŸã€‚ã‚¨ãƒŧだるいãĒ。遊åŊ“ãĢã‚Ļイ゚キãƒŧ財ãŖãĻ帰厅し、そぎあとぞたå‡ēかける。æ•Ŗ歊がãĻらãĢブナブナしãĻいたらよさげãĒåŧåŊ“åą‹ãŋつけãĻホãƒŧと思ãŖãĻčĒŋずたらハチãƒŖãƒĄãƒãƒŖãĒį››ã‚Šã™ã‚‹åē—ぎようだ。äģŠåēĻä¸€å›žã ã‘čĄŒãŖãĻãŋよう。ぞた厉くãĒãŖãĻいたå¯ŋ司とį„ŧéŗĨåą‹ãŽåŽ‰ããĒãŖãĻいたį„ŧéŗĨã‚’č˛ˇãŖãĻ帰厅。åŽļã”ãĄã‚ƒã”ãĄã‚ƒã¨æŧãŖãĻいたらæ—ĨæœŦ酒でãĻきãĻナッキãƒŧだãŖた。

䞋ぎåĨŗ子プロぎやつãĢé–ĸしãĻは、あれもプロãƒŦ゚だとäŋēは思う。「昔もあんãĒぎあãŖたじゃん、ãĒんで騒ぐぎīŧŸã€ã¨č¨€ã†ã¨é‡‘čŊとさãĒã„č€åŽŗぎ意čĻ‹ãĢãĒãŖãĻしぞうが、プロãƒŦã‚šãŖãĻああいうåŊĸもプロãƒŦã‚šã˜ã‚ƒã‚“ã€‚é€ąãƒ—ãƒ­ãŽįˇŠæ€Ĩåĸ—åˆŠåˇã¨ã‹10嚴前ãĢあãŖたじゃんäŋēはああいうぎをčĻ‹ãĻããŸã‚“ã ã‚ˆã€‚ã‚ãŽæ‰‹ãŽã¨ãã¯čĄ¨į´™ã¯éŽæŋ€ã ãŖたけお、ãĒんかį‰šåˆĨãĒもぎをčĻ‹ãĻいる、įŸĨãŖãĻいる気がしãĻプロãƒŦã‚šãƒ•ã‚ĄãƒŗでよかãŖたãĒãŖãĻã„ã†æ°—æŒãĄãĢãĒãŖãŸã‚ˆã€‚ã¤ã†ã‹ã•ã‚¤ãƒĄãƒŧジがよくãĒãŖãĻきたぎãĢああいうåŊĸãĢãĒるとぞた崊れるとかãƒŦ゚ナãƒŧãŒč¨€ãŖãĻいるぎはãģんとうãĢムã‚Ģつく。たしかãĢã“ã“æ•°åš´ãŽã‚¤ãƒĄãƒŧジをäŊœãŖãĻきたãƒŦ゚ナãƒŧãŸãĄãŽæ­Ŗしい意čĻ‹ã§ã€åŽŸéš›ãĢčĒŦ垗力があると感じるけお、äŋēはそういうプロãƒŦã‚šåĨŊきじゃãĒいんだãĒ。čĻ‹ãĻãĻハナハナするぎも大äē‹ãĒčĻį´ ã ã—、それでたぞãĢああいう不įŠčŠĻ合があるぎも魅力ãĒんだよ。だãŖãĻ前į”°ã¨ã‚ĸãƒŗドãƒŦぎčŠĻåˆãŽčŠąã‚’30åš´čŋ‘くたãŖたäģŠãŽã—ãĻんだよ。čļ…いいじゃん。äŋēã¯ã ã‹ã‚‰é€ąãƒ—ãƒ­ã¯æ‚ĒくãĒいと思う、昔からああだãŖãĻįŸĨãŖãĻいるし、そういうčĻį´ ã¯é–“違ãŖãĻいãĒいと思うから。ここでäģ–ãŽé€ąåˆŠčĒŒãŒã‚ãƒŧだこãƒŧだ書き始めたらお前らホãƒŗトãĢこういうåŊĸでしかæŗ¨į›Žã—ãĒいんだãĒとムã‚Ģã¤ãã‘ãŠã€é€ąãƒ—ãƒ­ã¯é€ąãƒ—ãƒ­ã ã‚‚ã‚“ã€‚ã‚ŋãƒŧã‚ļãƒŗ時äģŖがおうとかじゃãĒくãĻã€é€ąãƒ—ãƒ­ã¯ã‚ã‚Œã§ã„ã„ã‚“ã ã‚ˆã€‚æœŦåŊ“ãĢこぎ騒動ãĢついãĻはイナイナする。