www.ugnews.info

October 12, 2015

今週から掛け布団だしたおかげで無限にねむれてやばい。あと秋だからか髪の毛がいっぱい抜けるので掃除が大変だし、一言でいえば最近だるすぎて家でひたすらぬくぬくとしていたすぎる。

金曜、ハマくんとかノブくんと酒飲んでたら気づけば朝の5時になっていてやばかった。終電逃したりして朝までいるのはとんでもなく長く感じるけど、イエーイな状態でキャッキャッしているとあっという間なんだよな。この時間に寝ることにより3週連続で、一週間で唯一のたのしみである「食彩の王国」を見逃すこととなる。


LOUD PARK 2015・初日>

さてさて今年のラウパ、開催10回目ということでメンツが異常に豪華。2日券がかなり早い段階で売り切れるなど、注目度がまあそれなりにあったので、おれも朝から楽しんじゃうゾ〜って感じでしたが13時に起きました…。そんでタイムテーブルみたら15時半のTESTAMENTに間にあえばいいやーってしばらくおうちでミャオしてから出かける。さいたまスーパーアリーナは1時間かからないのでそれなりに行きやすいんだよね。

<TESTAMENT〜ANTHRAX

よくよく考えると、メンツが豪華と言えども初日はそれほど興味のあるアクトがなくて、かと言って知らないバンドをみて「おお!最高!大発見!」みたいな好奇心をもたないだめな人間であるので、これまたまあまあ知っているTESTAMENTをみる。TESTAMENTはスラドミでも観たことあるけど自分の好きなスラッシュとはちょい違うので後ろ側でテケトーに観たあと、グッズ売り場へ。しかし夕方のグッズ売り場とかカスしか残ってないわけで現実は厳しい。

んでANTHRAXみる。今回のセトリがやたらよくてほうほう心が気持よい…と序盤はニヤニヤしていたが、おれはなんつうか一緒に歌えるほど聴きこむことをしない軽い人間なので、"ちゃんと歌うファン"に囲まれた四面楚歌状態に耐えられなくなり途中で離脱しました…あれなんか今日ぼくの調子悪くないか…。

GAMMA RAY

ステージ移動してGAMMA RAYの時間まで待つ。ROYAL HUNTが「PARADOX」のときの曲をバンバンやっててホホウとなるが、やばいこの手の曲はライブで聴くとほんとうにダサい。すごい。大学一年生のときにけっこう聴いていた記憶がズイズイよみがえってきてミャオする。そうした精神状態でビールと肉盛りボテトとかいうものを買ってしまったが、この肉盛りボテトというのがすごくてね厚切りポテチにひき肉がかかったようなデブメタルな食べ物でさらに精神が悪化。この日のワーストアクトは私ですね。

で、GAMMA RAYはほぼ最前列を確保。さすがのGAMMA RAY人気というべきか、かなり人間の密集度がすごいことになってた。で、メンバーが出てきて「カイはかわいいなあ〜」という目で見ていたが声でズッコケる。これいつも以上に声やばくない???どうやら喉の調子がめっちゃ悪いようで、MCで何度も「声の調子わるくてゴメンよ〜(かわいい)」と言ってた。ただまあGAMMA RAYの曲はみんなで歌える曲が多いので正直それほど気にしてないというかマゾかつ貢献する気持ちの多いメタラーたちが自分たちで自分たちのライブを作っている感じでよかったですね。というか個人的にも相当たのしめて、最後の2曲「Land of the Free」「Send Me a Sign」を歌っているときに勃起してしまいました…。

<SLAYER>

SLAYERを観るためメインステージへ行ったところ、まだARCH ENEMYがライブをしていてなんだかステージがすごいことになってた。特別ゲストで初代VoをヨハンとARCH ENEMY脱退病に感染しているクリスが参加して7人も人間いてお祭りぽかった。ヨハンが終始キモい動きしてなるほどヨハンは味があるけどこれだとここまでのバンドになってなかっただろうしボーカル大事ですね…。

SLAYERのライブではそれなりに前の方まで行けて、あとは約1時間20分ずっとトリップした感じで首ふったりして最高な気持ちになっていた。ラウパ初日はそれほど楽しめてなかったところはあったが、一気に超楽しかったにシフトさせるライブは圧巻。そして最後の最後の演出にはホロリ。このクラスになると何の曲やってもSLAYERですなあという感じなのだが、唯一ポールのドラムだけは気になったつうか、何枚かアルバムで叩いてるけどSLAYER向きじゃないよねこの人…。

LOUD PARK 2015・2日目>

今回のラウパのTシャツは裏面のラインナップが豪華ということで欲しかった。ので早めに起床。会場には9時半に到着。ちょうと開場したばかりだったので一気にグッズ売り場へゴ〜。メタルTシャツを2枚かいました。こうしてメタルTシャツを買うのは
3月にねねちゃんにプレゼントした以来(このねねちゃんかわいいな)、自分用にはおそらく3年ぶりなのでエラい久しぶりだ。2枚買ったはいいけどクロークに500円払って預けるほどでもないのでその場で着ることによりメタルTシャツ3枚重ね着おじさんに変身。ライブ中は暑かったけど時期は時期なので帰りはちょうどよかった。

つうか、こうして開場と同時に行くのは6年ぶりなんだよな。このときも30分程度並んだが今回も15分程度で済んだ。今回はかなりの客がいるはずなのにこのスカッぷり、初日はすごかったんですかねえ。

<OBITUARY>

まさかグッズ購入が15分で済むとは思わなかったので11時開始のOBITUARYまで1時間ぐらい何もやることない感じでニャ〜ン。とは言ってもかなり前の方を取ったし移動するのもな、なのでしばらくのんびり。ステージに野蛮なバックドロップがかかりはじめてテンションが上がる。もう!デスメタルってほんとに野蛮!

さてさてOBITUARY、大御所なのにこの時間でいいのかというか朝11時からやるのかなどそのアンバランスさがまたよくて、実際ライブ最高だった…。OBITUARYは過去に1枚アルバム聴いたことあるぐらいでねちょねちょした感じのデスメタルやなあって印象だったのだけど、これがライブだとすごい気持ちいい…。音もかなり良いのにデスメタルという豚に真珠っぽくてなんかこう汚水のウォータースライダーみたいな感じでたのしかった…。

<ABBATH〜二郎〜AT THE GATES>

あばす(っ'ヮ'c)あばす

ということで今年のラウパが10回記念とかじゃなければまず呼ばれないというかよく呼べたなレベルでサプライズな元IMMORTALのアバスもOBITUARY同様にかなり前の方で待機。スタンディング席右側で待っていたらこるぴさんが左側の最前列にいるのを発見。このひとはさすがだ…と感心していたところでライブスタート。

楽曲はIMMORTALぽいああいうブラストビート多い曲多くて初聴でも全然たのしm…というかほとんどIMMORTALの曲しかやってないので盛り上がってた。だいたいミドルな曲→ファストな曲の繰り返しっぽい規則性あって、たぶん次は速い曲だからもう一曲きこう→やっぱり速い曲だろ?って感じでニヤニヤしつつ離脱。向かった先はラーメン二郎@大宮店です。会場から二郎まで20分ぐらいなので行かないのはもったいないですからね。んで食ったあとしばらくカッフェとかでのんびり。フェスは自分のペースで行動できるのがいいよねーって感じだけど自分のペースすぎる。

会場まで戻りビ〜ル飲みながらAT THE GATESを観る。あのアルバムはよく聴くけどあのアルバム以外は知らないというここでもにわかっぷりを発揮。でも速い曲おおくてたのしかったです。(小学3年生)

NAPALM DEATH

「みなさーん!異性交際に失敗したときに聴く音楽はなんですかー?あたしはエクストリーム・ミュージック界の"帝王"ことナパームデスなんですけどー」てな具合でこのときの俺は気合の入りかたが違った。最前列で待機し奴らを待つ。でこのときに気付いたのがNAPALM DEATHを最前列でみるのって大丈夫なのだろうかということ。客きっと暴れまくるしクラウドサーフな連中が前にどんどん雪崩れ込んでくるしこれはもう生きては帰ってこれないですね。
は〜〜〜〜〜。

生きて帰ってこれてよかった〜〜〜〜。

シェ〜ンと5回も目が合っちゃった〜〜〜〜〜〜〜〜。

<CARCASS>

「さてみなさーん!異性交際に成功したときに聴く音楽はなんですかー?あたしは"リヴァプールの残虐王"ことカーカスなんですーちなみにその交際まったくうまくいきませんでしたっ!」。あー書くのが完全にだるくなったので適当になっていくがCARCASSも最前列でみた。ほんとうはDRAGONFORCEも観たかったけど去年も観たし、どうやら音響がかなりアレだったみたいなのでまあ行かなくてよかったですね。それとは対照的にCARCASSの音はかなり良くてビル・スティアのギターの音がツヤツヤと聴こえてウットリ。ライブで聴いて改めて思ったが2013年のアルバムはまじで最高なんだな。再発見できてよかったです〜ゥ。

MEGADETH

この時点で腰が終わっちゃたんですよね。なのでMEGADETHだ〜!ってよりも腰の方が今は気になる事態になっていて大変だった。

ムス「(SHE-WOLFのあのソロ)」
あたし「早く終わって…」

ムス「(TORNADO OF SOULSのあのソロ)」
あたし「早く終わって…」

ムス「(HOLYWARSのあのリフ)」
あたし「(これで最後の曲だ!!!)ウオー!!!」

みたいな感じで、最後にネタっぽくなったけど今年のラウパはすごいたのしかった。去年ようやく「ライブは前で観ると超たのしい」ことに気付いて、今年もできるかぎり実践することで例年以上に意欲的(?)にたのしめた。

以上、音楽的なことを完全無視したラウパの観戦記でした。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

書き漏れたこと。

・MCのデブ、今年はMCまあマシになっていた。

・帰ろうとしたら若様に声かけられ8人ぐらいで23時半まで飲酒。そっから終電がミャオの恐怖と闘いつつも帰宅。たのしかった。